手軽に資産運用できる!ETFのメリットとデメリットを解説

必要となる知識が多い株や不動産は、未経験者にとって投資するハードルは高いこと。初めて資産運用する人にオススメなのが経済の指数と連動した値動きをするETFです。

投資信託とはちがって運用するコストが低く、基準価額の変動が分かりやすいのが特徴。ですが分配金を自動で再投資することができず、商品の種類が少ない欠点もあります。

投資で確実なリターンを得るにはETFを知っておくことが重要です。手軽に資産運用できるETFのメリットとデメリットを詳しく解説します。

ETFとはなにか?

ETFは「Exchange Traded Fund」の略称であり、日本語で「上場投資信託」と呼びます。証券取引所で公開されている投資信託だから、株と同じように投資できるのがETFの特徴。

インデックスファンドとETFは同じように経済の指数に連動するよう設計されています。例えば日経平均株価と連動したETFであれば、日経平均株価が上がればETFの価値も上がるのです。

株式市場では複数の企業における株式を対象として平均的な株価指標を計算しています。平均的な指数と連動するETFに投資することで程よいリターンを狙えるため、未経験者の投資に最適です。

株価指標だけでなく債券や現物、不動産投資信託と連動したETFも投資することが可能。上場しているETFは証券会社の注文ページやYahoo!ファイナンスで価値を確認できます。

ETFのメリットとは?

投資信託は投資家からお金を集めて、そのお金を金融機関が運用することで利益が発生します。上場した投資信託であるETFの場合、専門家ではなく経済指標に任せることでリターンを狙えるものです。

あなたがETFに投資することで得られるメリットは3つ。

・市場価格で売買できる
・手数料が安い
・信用取引で売買できる

なぜこれらのメリットがETFにはあるのか、それぞれ詳しく解説します。

市場価格で売買できる

ETFは証券取引所で公開されているため、取引時間内であれば問題なく売買できます。株と同じように投資できるから、現在の価格で購入したり価格を指定して注文したりすることも可能です。

上場していない投資信託とはちがい、リアルタイムの価格で注文できるのがETFの魅力。投資信託は1日に1回しか注文できず、終値で取引するため値動きによっては損します。

現在の基準価額で取引できない場合、リターンを狙いにくいのが投資信託のデメリット。もし価格が高いときに売り注文を出しても、終値が低ければ売却益を得られません。

市場の価格で売買できるETFであれば、今の基準価額で注文できますし指値で取引することもできます。注文時の価格で取引できるのが上場投資信託のメリットです。

手数料が安い

一般的に投資信託よりもETFのほうが信託報酬が低く、運用コストが少ない傾向です。例えば有名な上場投資信託の場合、信託報酬は以下の通り。

・MAXIS トピックス上場投信(1348):0.078%
・MAXIS JPX日経インデックス400上場投信:0.078%
・SPDR S&P500 ETF:0.0945%

大半のETFが0.1%を下回る信託報酬が設定されています。もし有名なアクティブファンドに投資する場合、信託報酬は以下の通りです。

・ひふみ投信:1.0584%
・三井住友・中小型株ファンド:1.62%
・結い2101:1.08%

多くのアクティブファンドでは信託報酬が1%を超えていて、リターンが発生しても利回りが低くなる傾向。信託報酬が高い理由はアクティブファンドの運用には複数の業者が関わっているから。

ETFは販売会社だけが管理するためコストが低くなり、結果として0.1%を下回る信託報酬を達成しています。より低コストで資産運用したい人にETFは最適ですね。

信用取引で売買できる

投資家が証券会社から資金や金融商品を借りて売買するのが信用取引です。ETFは株と同じように信用取引できて、信用でETFを買ったり売ったりして積極的にリターンを狙えます。

例えば信用でETFを購入する場合、保証金を担保にして資金を借りてETFを運用することが可能。ETFの基準価額が上がれば通常の取引よりも大きなリターンを得られます。

証券会社からETFを借りて信用売りし、保有していないETFを売却することも可能。空売りした後にETFの価額が下がった場合、買戻しすることで値下がり分だけ利益を得られます。

信用取引は予測が外れたときに損失が大きくなるデメリットがありますが、適切に投資すれば単純に売買するよりも利回りが大きいのがメリット。投資に慣れたら信用取引を検討してみると良いですね。

ETFのデメリットとは?

運用コストが低くて取引しやすいETFにはデメリットもあります。主なデメリットは以下の5つ。

・売買に手数料が発生する
・分配金を再投資できない
・投資信託よりも最低額が大きい
・商品の種類が少ない
・売買しにくい商品が存在する

なぜこれらの欠点があるのか、それぞれ簡単に解説します。

売買に手数料が発生する

証券取引所で売買するETFに投資するには取引時に手数料を支払うことが必要です。株と同じように取引するため、株式投資するときに発生する売買手数料がETFにもかかります。

上場していない投資信託にも購入時手数料はありますが、ノーロードファンドを活用すれば購入時の手数料がかかりません。購入するときに損がなければ利回りがETFよりも良くなる場合があります。

分配金を再投資できない

保有しているETFから分配金が発生しても自動で再投資できず、積み立て投資するには毎回注文する必要があるのもデメリット。利益が発生するたびに証券会社で取引するのは手間がかかります。

投資信託の場合は注文時に分配金を再投資することを設定でき、運用により発生した利益をそのまま投資に回せます。一度設定すれば自動で取引してくれますし、手数料もかかりません。

分配金をETFに再投資する場合、売買手数料で損をしないか注意しましょう。まとまった金額で再投資することでETFの利回りを改善できます。

投資信託よりも最低額が大きい

株と同じような取引で投資するETFは最低1株単位で購入する必要があり、投資信託よりも購入最低額が高めです。海外の株式指標と連動したETFには最低額が3万円を超えるものもあります。

投資信託であれば毎月1,000円から投資できる商品もあり、手軽に資産運用できるのがポイント。最近ではショッピングで貯めたポイントで投資信託を購入できるサービスもあります。

より家計の負担を少なくして投資するなら投資信託がオススメです。まとまったお金を持っている人はETFに投資して確実なリターンを狙ってみると良いですね。

分配金を受け取れる機会が少ない

毎月分配型がある投資信託とはちがい、ETFは決算回数が少なく分配金を受け取りにくいです。多くても1年に4回までしか決算されず、不労所得を貰いにくいのがデメリット。

投資信託では資産を減らすことで投資家が毎月分配金を受け取れる商品もあります。ETFの分配金は株の配当により分配されるものであり、配当金が少なければ分配金も少なくなるのです。

不労所得を得る機会を少しでも増やしたい人は、ETFではなく毎月分配型の投資信託を運用することがオススメ。

まとめ

売買に手数料がかかり、投資信託よりも購入最低額が大きくて投資するハードルが高いのがETFのデメリット。ですが運用コストが低くてリターンを狙いやすいメリットもあります。

メリットとデメリットを比較して自分に最適な方法で資産運用を始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました