日興が運用する投信「グローバル・ロボティクス株式ファンド」を徹底評価!利回りは高いが投資妙味の高い投資信託なのか?

近年注目が集まっている産業としてロボティクス分野があります。

一言にロボティクスといっても人工知能(AI)やセンサーなど分野は多岐にわたります。また、残念ながら日本は他の先進国に対して遅れをとっています。

 

今後、ますます注目が集まる分野であるものの、どの企業に投資をすればといのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そのような方に向けて、日興アセットマネジメントが「グローバル・ロボティクス株式ファンド」という投資信託を組成しています。

本日はグローバル・ロボティクス株式ファンドについて詳しく紐解いていきたいと思います。

グローバル・ロボティクス株式ファンドはどんなファンド?

ではまずグローバル・ロボティクス株式ファンドはどのような投資信託なのかを紐解いていきましょう。

投資対象はロボティクス関連企業

グローバル・ロボティクス株式ファンドが投資対象とするのはロボティクス関連銘柄です。(以下が目論見書の記述です)

 

  • 今後の成長が期待されるロボティクス関連企業の株式を中心に投資を行なうこと により、中長期的な信託財産の成長をめざします。
  • 産業用やサービス用などのロボットを製作する企業のみならず、ロボット関連技術 であるA(I人工知能)やセンサーなどの開発に携わる企業も投資対象とします。
  • 外貨建資産への投資にあたっては、原則として為替ヘッジを行ないません。

参照:目論見書

 

一言にロボティクス関連といってもロボット産業、IoT、AIに大別されます。ロボット業界は以下の通り先進各国の少子高齢化の影響もあり需要が今後急激に増加していくことが見込まれています。

 

ロボット業界は、少子高齢化や労働コストの増大などを背景とした需要面と、部品価格の下落や技術の進歩 を背景とした供給面からの後押しを受けて、新たな市場を切り開く成長産業として注目が集まっています。

足元では、各国でロボット普及支援の政策が打ち出されているほか、大手IT企業によるロボティクス関連 企業のM&Aが相次ぎ、業界への人材・資金の流入が加速しているなど、ロボット業界の注目は日増しに 高まっています。

参照:目論見書

 

その他にもロボティクスファンドは「あらゆるモノをインターネットに接続」するIoTと、人間と同じように学び考えるAI分野の銘柄も投資対象としています。

 

AIとIoT

運用を担当するラザード社とは?

グローバル・ロボティクス株式ファンドは日興アセットマネジメントがラザード社に運用を委託しています。

ラザード社は1970年からの歴史があり、機関投資家や公的年金などからの資産を預かって運用しています。

ラザード社とは

ロボティクスファンドの最新の構成上位銘柄とは?

2020年9月時点で57銘柄に投資しています。以下は構成上位10銘柄で35.7%を占めています。

銘柄 業種 比率
ダイフク 資本財
サービス
日本 4.5%
シュナイダー
エレクトリック
資本財
サービス
フランス 4.2%
ABB 資本財
サービス
スイス 4.1%
キーエンス 情報技術 日本 3.9%
インテューイティブ
サージカル
ヘルスケ アメリカ 3.7%
アルファベット コミュニケーション
サービス
アメリカ 3.7%
ヘキサゴン 情報技術 スウェーデン 3.2%
安川電機 資本財
サービス
日本 2.8%
NVIDIA 情報技術 アメリカ 2.8%
ロックウェル 資本財
サービス
アメリカ 2.8%

 

第1位のダイフクは物流システム、自動倉庫の大手メーカーです。

半導体・液晶製造ラインや自動車生産ラインなどの製造業向けを主力としており、年々右肩あがりに業績を伸ばしています。

ダイフクの業績推移

業績にしたがって株価も右肩上がりで上昇しています。

ダイフクの株価推移

国別構成比率は米国と日本で75%を占める

国別の構成比率は日米で75%を占めています。

比率
米国 45.3%
日本 29.8%
フランス 5.3%
ドイツ 5.0%
スイス 4.1%
スウェーデン 3.2%
オランダ 2.0%
韓国 1.9%
アイルランド 1.3%
ジャージー 0.9%

 

ハイテク先進国である米国の比率が多いのは当然ですが、更に米国比率を増やした方がよいと筆者は考えています。

現在、世界のハイテク産業はGAFAMといわれる巨大IT企業が牛耳っており、この構図が変わらないと見込まれるためです。

更に毎年のようにテクノロジー企業が芽吹いているため、今後も米国には期待がもてるでしょう。

比較的高い手数料水準

ロボティクスファンドはアクティブファンドであり、かつラザード社に委託していくこともあり、以下の通り比較的高い手数料水準となっています。

購入手数料:3.85%(税込)
信託手数料:1.936%(税込)

 

グローバル・ロボティクス株式ファンドの成績とは?気になるリターンを分析する

では肝心のグローバル・ロボティクス株式ファンドの成績についてみていきましょう。

成績は単体でみると優秀に見える

以下は運用開始した2015年8月からのリターンです。基準価格は10,000→17,500と約1.75倍になっています。

グローバルロボティクス株式の基準価格の推移

一見すると非常に優秀な成績ですが、コロナショックの時は大幅に下落しています。また、他のテクノロジー系の指数と比べるとどうでしょうか?

VGTやQQQと比べると大幅に成績は劣後

投資対象がハイテクなので、他のハイテク指数などと比較分析する必要があります。以下はVGTとQQQの比較です。

VGTは米国の情報技術セクターだけを集めたETFで、QQQはナスダックを代表する100銘柄の時価総額加重平均指数です。

 

グローバル・ロボティクス株式ファンド
VGT(米国情報セクターETF)
QQQ(ナスダックの上位100銘柄)

 

グローバル・ロボティクス株式ファンドとVGTとQQQを比較

 

ハイテクセクターに投資しているという前提に立てば、相対的に低いリターンと言わざるを得ませんね。

では問題は今後もこのハイテクのブームが続くのかということです。コロナショック後、既に以上なレベルまでハイテク株は上昇してきています。

PERが100倍を超えている銘柄や、PSRベースでも50倍を超えている銘柄が多く存在しており明らかにバブルの状態が続いています。

今まで勢いがあったからといって、今後もハイテクに投資をするのが良いとは言い切れないのです。場合によっては2000年のITバブルの崩壊のような暴落に見舞われることもあったのです。

まとめ

グローバル・ロボティクス株式ファンドはロボティクス関連の銘柄に投資をしている投資信託です。運用を委託していることもあり、手数料体系は高くなっています。

運用成績は一見するとよいのですが、ハイテクブームに乗っているはずなのに、ハイテク関連の指数に比べて大幅にアンダーパフォームしています。

今までは急激に上昇してきたハイテク銘柄でしたが、既にバリュエーションが高くここからの投資は危険水域です。

いつの時代も安定して資産を増やすことができるファンドを含めて以下で詳しくお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

おすすめ投資先先ランキング BEST3

2020年から投資先としておすすめできる投資先を収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

手軽に資産運用できる!ETFのメリットとデメリットを解説

NO IMAGE

世界インデックスファンドとは

NO IMAGE

ヘッジファンドと投資信託を比較!1,000万円を運用するならどちらが良い?投資信...

NO IMAGE

世界経済インデックスファンドを徹底評価!世界の株式・債券に分散投資できる投資信託...

NO IMAGE

たわらノーロードとは何か?特徴や種類、メリットについて解説

NO IMAGE

さわかみ投信と評判のひふみ投信の運用成績・方針・手数料を徹底比較!グロース型アク...