仮想通貨は劇物!?仮想通貨で大損しない秘訣は?

仮想通貨取引が多くの人々の間で一般的になってきました。ビットコイン以外にも、イーサリアムやリップルなど様々な仮想通貨がラインナップされており、仮想通貨取引の幅も広くなっています。ただ、仮想通貨取引をする人の中には、ギャンブルと同じような感覚で仮想通貨を売買する人も少なくありません。大金を突っ込んで仮想通貨取引をすると、時には大損してしまうケースも生じます。今回は、仮想通貨取引をする上で、大損をしないためにはどうすればよいのか、予防策を含めて解説していきます。

 

仮想通貨の儲けの仕組みは?

 

まず、仮想通貨取引でどのように儲けを出しているのか、確認していきましょう。仮想通貨は、株式や債券と異なり、保有しているだけで利子や配当が入ってくるものではありません。買った価格よりも高い価格で売り払うことで、利益をあげることができます。ビットコインなど、有名仮想通貨は実生活の決済でも利用できることがありますが、その他の仮想通貨は現実世界では無価値です。ただ、売買による利益を得るために、取引する人たちが存在し、その人たちの仮想通貨に対する需要、供給のバランスで価格が決まります。「マネーゲーム」と言うと少し聞こえが悪いですが、お金儲けの思惑がぶつかりあっているのが、仮想通貨市場なのです。

 

仮想通貨で莫大な利益を出せたのはどうして?

 

仮想通貨の取引で、数億円規模の利益をあげた人も現実にはいます。いわゆる「億り人」と呼ばれる人たちです。億り人になった人たちは、総じて「仮想通貨が注目される前に」大量に仮想通貨を購入して保有していました。中には、利益をあげる目的ではなく、単なる記念として仮想通貨を購入していた人もいました。その仮想通貨が、気付いたら価格が数百、数千倍になり、資産が急増したのです。1万円分の仮想通貨でも、価格が1000倍になれば、1000万円になります。

 

現在の仮想通貨市場は、「仮想通貨で儲けたい!」と思っている人たちが占めているため、価格が急上昇するケースは少なくなっています。億り人が生まれたときのような爆発力がないため、今から仮想通貨市場に参入しても、すぐに結果を出すことは難しくなっています。もちろん、未来のことは誰も予想できませんので、価格が急上昇する可能性もあるかもしれません。ただ、長期的に仮想通貨を保有することが前提となりますので、例えば価格が下がっても、損切りせずに保有しなくてはなりません。

 

仮想通貨をギャンブルにしたらおしまい!

 

ギャンブルにはまってしまう人の特徴は、「根拠なく一発逆転を狙う」という点です。負けたとしても、「次はいける」と思い込み、冷静な判断ができずに投入額を増やしていくのです。仮想通貨に関しても、何も考えずに大きな額を買っている人がいますが、あくまでも「余裕資金」で行わなくてはなりません。借金をしてまで、仮想通貨を買うようになってしまってはおしまいです。仮想通貨の価格変動は、良い意味でも悪い意味でも「取引する人たちの思惑」が反映されます。株式は、企業の業績や世界経済の動向が反映されますが、仮想通貨ではそのようなことはほとんど起きません。大量に仮想通貨を保有するプレイヤーたちが一斉に売りに出れば、価格は下降して、その流れにつられて、小口の保有者も損切りに走ります。その連鎖で価格の下降が継続していくのです。2019年3月後半の価格下落は、損切りに走ったプレイヤーたちの影響が強いと考えられますね。

 

ギャンブル感覚で仮想通貨取引を行っては、長期的な視野で取引を行うことができず、結果として売買回数がかさんでいきます。売買の回数がかさむと、スプレッドの差額がどんどん引かれていき、元本が減っていくことになりますね。元本が減ると、その減った分を追加しようと振込を増やしていきます。得をするのは、仮想通貨取引所の運営会社のみです。「簡単に莫大な利益をあげられる」投資はこの世に存在しません。甘い言葉に騙されないようにしてください。

 

レバレッジ取引を安易にしない

 

一部の仮想通貨取引所では、レバレッジ取引に対応しているところもあります。レバレッジ取引とは、自分が保有している資産以上に取引を行うことができるしくみです。たとえば、10万円を保有していて、レバレッジを10倍かけられるとすると、100万円の額を実際に動かすことができます。レバレッジを利かせた100万円で購入した仮想通貨が値を上げて、130万円になった場合、差額の30万円は自身の利益となります。10万円のみで取り引きしていると、30万円の利益を手に入れるには価格が3倍にならないといけません。レバレッジを利かせれば、多額の利益を出しやすくなるのです。ただし、レバレッジを利かせることは諸刃の剣でもあります。なぜならば、利益が膨らむと同時に、損失も膨らみやすいためです。レバレッジを利かせて、100万円分の仮想通貨を購入した際、価格が下落して、半額の50万円になってしまった場合、差額の50万円が損失となります。この損失額は、元手の10万円を超えるものになり、足りない額は追加で入金しなければなりません。本来、レバレッジを利かせずに、現物のみで取り引きしていれば、元本以上の損失は生まれません。ただ、レバレッジを利かせた場合、本来保有している金額以上の仮想通貨を動かすため、損失が膨らむと元本以上の損失が生じてしまうのです。

 

レバレッジを利かせることで、確かに一攫千金は狙えるでしょう。ただ、何も見通しを持たず、ただ単にレバレッジをかけて取引することはギャンブルと何ら変わりません。たとえ一度勝てたとしても、継続して無謀なレバレッジ取引を行うことで、いつか大損失を被ってしまいます。まだ仮想通貨の現物取引経験が浅い人は、レバレッジ取引にはむやみに手を出さないようにしましょう。仮に、レバレッジ取引を行うとしても、自身が担保できる範囲のレバレッジにとどめることを忘れないでください。

 

「爆上げ」の噂に釣られないこと

 

インターネット上では、「次はこの仮想通貨が爆上がりする」などの噂が広がっていますが、これらの情報は何ら信憑性がありません。そもそも、仮想通貨の値上がりを正確に予測することなど不可能です。この手の噂や話は信用しないようにしましょう。このような話は、大半の場合、「高額な情報商材の購入、セミナーへの勧誘」などがついて回ることが多いです。つまり、「甘い話」を餌にして、お金儲けをしようとしているのです。いつの世も、このような悪だくみをする人は存在していて、情報の選別ができない人は食い物にされてしまいます。たとえ、有名な人が仮想通貨の値上がりを予想していたとしても、信じてしまうことは禁物です。

 

自分自身が仮想通貨取引を行う中で、どの場面で値が上がる傾向があるか、逆に下がる傾向にあるのか、実体験を積んでいくことが先決ですね。結局のところ、仮想通貨取引や株式取引などで頼れるのは自身の経験と頭のみです。実際の相場を相手にして、取引の経験値をあげていきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。仮想通貨は、値上がりが激しいことから、しばしば投機の対象として見られがちです。ただ、何も勉強せずに大金を突っ込んでしまうと大損を食らう可能性があります。仮想通貨も株式投資と同様、「ハイリスク・ハイリターン」が原則です。自身が担保できる範囲内で、リスクを考えながら取引を行っていくようにしましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました