運用成績がひどいと評判の「みのりの投信」とは?株式会社ポートフォリアが運用するマイナーな独立系投資信託を評価する!

「みのりの投信」の株価推移

日本には独立系投資信託が数多く存在しています。

当ブログでも「ひふみ投信」や「セゾン投信」をはじめとして有名どころの独立系投資信託については取り上げました。

 

しかし、日本にもメジャーなものだけでなく様々な独立系の投資信託が存在しています。

本日はその中の一つである株式会社ポートフォリオアが運用する「みのりの投信」についてお伝えしていきたいと思います。

みのりの投信とは?

ではまず「みのりの投信」がどのようなファンドなのかを紐解いていきましょう。

ファンドマネージャーは立田博司氏

投資信託において最も重要なのは誰が運用しているかということです。

「みのりの投信」は創業者の立田博司氏がファンドマネージャーとして運用を行なっています。

立田博司氏

2001年に米経済誌『Forbes』における「20 of the world’s Best Fund Managers」のひとりに選ばれ、2007年には米投信情報サービス会社Lipperから日本中小型株部門で10年間のBest Fundを受賞するなど、国内外の債券・株式運用に長年携わった経験が国際的に高く評価されている。

参照:みのりの投信

 

債券と株式の運用に20年以上の経験があるということが分かりますね。経歴としては申し分なさそうです。

元々、ブラックロックジャパンで「ブラックロック日本小型株オープン」の運用経験があります。

また、更に平成20年10月から平成21年9月のわずかな期間ですが、ひふみ投信に在籍した経歴も持っています。ひふみ投信を卒業した1年後に「みのりの投信」を立ち上げています。

経歴から考えると日本株の小型株投資の経験が豊富とみることができますね。

みのりの投信の特徴

みのりの投信が対象とするのは日本の小型株ファンドです。

時価総額の大きい銘柄だけではなく皆さんが聞いたことある銘柄だけではなく小型株もふんだんに取り入れています。

 

また相場が不透明感を増している時は先物の売建などを用いてヘッジする戦略をとる方針としています。以下は最新の2020年10末時点でのポートフォリオです。

みのりの投信のポートフォリオ

参照:みのりのみのり

 

日本株を78.4%保有していますが、その内の26.5%を先物で売り建ててヘッジしています。

実質的にポートフォリオの約50%しか相場を張っていないので、現状コロナ第三波を懸念しているということが読み取れますね。

みのりの投信の構成銘柄

みのりの投信の構成上位銘柄は以下の通りとなります。

銘柄 組入比率 時価総額
パルグループ 5.6% 555億円
アダストリア 5.0% 885億円
IDOM 4.7% 586億円
日精エーエスビー機械 4.6% 765億円
SBSホールディング 4.6% 942億円
アネスト岩田 4.0% 394億円
スルガ銀行 3.7% 822億円
フジシールインターナショナル 3.6% 1197億円
ラクトジャパン 3.0% 298億円
ソラスト 2.7% 1510億円

 

投資している銘柄を俯瞰すると成長企業が並んでいるわけではありません。

構成1位のパルグループや、スルガ銀行のように苦境に陥っている銘柄を狙い撃ちにしているものも多く含まれています。

非常に高い手数料水準

みのりの投信の手数料水準は非常に高いものとなっています。

購入手数料:4.4%(税込)
信託手数料:年率1.925%(税込)

アクティブ型の投資信託の中でも非常に高水準の手数料体系ということがいえそうですね。

手数料が高かったとしても成績が高ければ問題ないので、重要な成績についてこれから紐解いていきましょう。

コラム:みのりの投信は直販だけではない

「みのりの投信」は直販型の独立系投資信託ですが、通常の証券会社でも購入することができます。

以下の証券会社で取り扱いされています。

取り扱い証券会社
楽天証券
SBI証券
北國銀行
いちよし証券

 

「みのりの投信」の運用成績は?

では重要な「みのりの投信」の運用成績について紐解いていきましょう。

直近3年間不調に喘いでいる

以下は「みのりの投信」の基準価格の推移です。

「みのりの投信」の株価推移

参照:月報

 

運用開始した2013年から2017年まではアベノミクスの影響もあり基準価格は約2倍となりました。

しかし、その後現在まで基準価格を40%落として推移しています。今回のコロナショックでも35%ほど暴落しており市場平均よりも停滞打撃を被っています。

日経平均やTOPIXの成績にも劣後

「みのりの投信」は日本株の投資信託ですので、TOPIXと日経平均との比較が重要となってきます。

青:みのりの投信
赤:日経平均
緑:TOPIX

「みのりの投信」と日経平均とTOPIXの比較

「みのりの投信」は両者ともに劣後した成績となってしまっています。

また更に過去3年でみると悲惨な結果になっています。日経平均が+15%、TOPIXでとんとんななか、「みのりの投信」は▲25%以上の損失となってしまっているのです。

 

過去3年の「みのりの投信」と日経平均とTOPIXの比較

他の独立系投資信託と比較

それでは他の日本株に投資している独立系の投資信託とも比較していきましょう。

赤:ひふみ投信
緑:さわかみ投信
黄:鎌倉投信
紫:コモンズ30

みのりの投信と他の独立系投資信託の比較

数ある独立系投資信託の中でもパフォーマンスは下位にになっています。正直、運用成績は物足りないと断じざるを得ないでしょう。

当ブログでは以下独立系投資信託についてまとめていますので参考にしていただければと思います。

 

 

まとめ

「みのりの投信:はどちらかというとマイナーな独立系投資信託です。

2013年から運用していますが、7年間運用を行い20%しか資産が増えていないというのは投資家が期待するリターンを満たしているとは到底いえない水準となっているでしょう。

他にも日本には投資信託という形態にこだわらず、一流のファンドマネージャーが運用するヘッジファンドという特別な選択肢もあります。

今回紹介した独立系投資信託を更に超える選択肢について、証券アナリストの筆者の目線から紹介しているので以下参考にしていただければと思います。

おすすめ投資先先ランキング BEST3

2020年から投資先としておすすめできる投資先を収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

投資信託とは?仕組みをわかりやすく解説!投信販売員が投資信託を買わないのはなぜ?...

NO IMAGE

【レバレッジ型投資信託のリスク】評判の楽天日本株4.3倍ブルを楽天日本株トリプル...

「おおぶね」と米国インデックスの比較

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資「おおぶね」を徹底評価!評判の投資信託の実態...

NO IMAGE

ひふみ投信とセゾン投信を比較!利回りから長期投資に向いているのは?運用方針の違い...

NO IMAGE

世界経済インデックスファンドを徹底評価!世界の株式・債券に分散投資できる投資信託...

ありがとうファンド

ありがとう投信が運用する「ありがとうファンド」を徹底評価!評判や運用実績について...