マネーフォワードには危険性がある?サービス内容とリスクを解説

 

「マネーフォワードで家計簿をつけたいけど、なんだか危なそうで不安」と悩む人はいるはず。アプリでお金の記録をすると情報が流出して、第三者に口座やカードの利用状況が漏れる場合があります。

ですがマネーフォワードにはさまざまなセキュリティが備わっていて、対策することで危険性を減らすことは可能です。どのようにして危険性を抑えるのか、マネーフォワードのサービス内容とリスクを解説します。

マネーフォワードについて

マネーフォワードは手持ちのスマートフォンで家計簿を記録できるアプリです。クレジットカードや銀行口座と連携できるから、自動的に支出や収入を見える化してくれるのが特徴。

毎月どの品目に対して使った金額を確認できて、無駄な支出や残りの生活費などを簡単にチェックできます。残高だけでなくカードのポイントやマイルといった情報も一括管理できるのがメリットです。

またスマホカメラでレシートを撮影すれば、現金での支出も簡単に保存することが可能。もしカードの使い過ぎや残高が不足していれば、アプリがあなたのスマホに通知してくれます。

アプリのデータはクラウド上に保存されていて、スマホだけでなくPCやタブレットから利用できるのが魅力です。マネーフォワードにより手間なく自分の家計簿を管理して、お金の出入りを容易に把握できます。

サービスを使う方法

スマートフォンやタブレットでマネーフォワードを利用するには、アプリをインストールすることが必要です。マネーフォワードの公式サイトからiOSまたはAndroid用のアプリをダウンロードしましょう。

アプリのインストールが完了すると、マネーフォワードのアカウントを作成できます。メールアドレスなどの情報を入力すればアカウントを作成でき、実際にサービスを使えるもの。

もし対応しているネットバンキングやクレジットカードを利用しているならば、設定からアカウントを登録しましょう。アプリにはMY通知や入出金を確認する機能があり、収入や支出を一目で確認できます。

またPCからマネーフォワードを使う場合は、公式サイトで新規アカウント作成をすることが必要です。メールアドレスやパスワードなどを入力してアカウントを作成すれば、Webサイトで家計簿を管理できます。

利用するための料金

マネーフォワードの基本機能は無料で利用できますが、すべての機能を利用するにはプレミアムサービスが必須です。Webサイトでプレミアム会員になったときの料金は月額500円であり、アプリの場合は料金が少し異なります。

プレミアムサービスにより家計簿を診断してもらったり、10件を超えるサービスと提携したりすることが可能です。アプリが理想の家計を示してくれるから、使い過ぎを簡単にチェックできます。

またマネーフォワードの提携先データをボタン1つですべて更新できるから、データを更新する手間がかからないのもメリット。ポイントやマイルなど有効期限を通知する機能もあるため、貯めたポイントを失わずに済みます。

マネーフォワードのプレミアムサービスには年額プランがあり、月額プランよりも数百円お得です。2019年6月現在では30日間無料で使えるトライアルもあり、試しに使ってみることを勧めます。

サービスのメリット

マネーフォワードの大きなメリットは対応している金融機関が幅広く、家計簿の記録を自動化しやすいこと。2,600種類以上の機関に対応していて、登録できないサービスは少ないです。

自分のIDとパスワードを入力するだけで提携が完了するから、手間なくサービスを使い始められるのもメリット。取得した入出金の履歴はシステムが自動でカテゴリに分類してくれます。

アプリとクラウド上との通信はSSL暗号化通信によって守られていて、データが流出する心配はほとんどありません。取引に必要なパスワードを記録しないため、勝手にお金が引き出されるリスクもないです。

もし確定申告するためにマネーフォワードクラウド確定申告を使っている人であれば、家計簿とクラウド確定申告を連携して利用できます。データを共有することで管理する手間が少なくなるのは便利ですね。

サービスのデメリット

無料で家計簿を管理できるのがマネーフォワードの強みですが、プレミアム会員にならないと機能が制限されるデメリットもあります。節約のために便利な機能を使うにはお金を払わなければなりません。

例えばクレジットカードの無確定利用残高表示や資産・負債のグラフは無料会員では見ることが不可能です。データのバックアップ保証やサービス継続性保証といった安心機能もプレミアムサービスにのみ含まれています。

また無料会員だとポイントの有効期限が通知されなかったり、カード引き落としの残高不足が表示されなかったりする欠点もあること。

試しにマネーフォワードを利用してみて、サービスを使い続けたいと思ったらプレミアム会員になることがオススメです。

利用者の口コミ・評判

「実際にマネーフォワードを利用した人の評判が気になる」と思う人は多くいるはず。インターネット上にはマネーフォワードを利用した人が以下のように口コミを書いています。

● マネーフォワードで家計簿を確認するのが便利でカード決済するようになった
● マネーフォワードに口座を同期したらかなりお金を使っていたことが分かった
● マネーフォワードからの通知で自分が金欠であることを知った

他にも「提携サービスが多くて使いやすい」「資産残高を見れるから貯金するのに役立つ」といった口コミもあります。利便性が高くて金銭状況をスムーズに把握できるという評判です。

マネーフォワードの危険性とは

銀行口座やクレジットカードなどと提携できるマネーフォワードには、情報が流出する危険性もあります。第三者に資産状況が把握されれば、何かしらのトラブルが起きることも。

ですがマネーフォワードは取引パスワードなどの重要情報を保存しないため、ネットバンキングなどに比べて危険性は低めです。不安な人が知っておくべきポイントは以下の3つ。

● 勝手にお金が使われるリスクはない
● セキュリティが充実している
● 心配な人は自分で対策しよう

それぞれのポイントを簡単に解説します。

勝手にお金が使われるリスクはない

マネーフォワードは利用額や入出金を同期するために、利用者のログインIDやパスワードを保存します。利用明細を確認するのに情報を使うため、カード番号やセキュリティカードの情報は要求されません。

振込やカードの利用に必要な情報を入力せずに済むから、たとえマネーフォワードから情報が流出してもお金が使われるリスクはほとんどありません。

セキュリティが充実している

マネーフォワードには暗号方式である2048bitが通信で利用されていて、データはすべて暗号化されています。第三者が通信を傍受してもデータの中身を見るのは基本的に不可能です。

心配な人は自分で対策しよう

マネーフォワードには自分でセキュリティ対策できる機能もあります。二段階認証を設定すれば普段とは異なる場所からのアクセスをブロックできますし、アプリなら指紋認証を利用することも可能です。

どうしても危険性が気になる人は、マネーフォワードに独自のパスワードを設定したり、セキュリティ機能を活用したりすることがオススメです。

まとめ

自分の口座残高やカード利用額を同期してくれて、家計簿を自動的に記録できるのがマネーフォワードです。利用者のデータはすべて暗号化されていて、お金を使われるなどの危険性が少ないメリットがあります。

将来のために節約や資産管理をしたい人にマネーフォワードはオススメです。

おすすめ投資先先ランキング BEST3

2020年から投資先としておすすめできる投資先を収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

証券会社で働く人の仕事内容とは?特徴や求められる能力を解説

NO IMAGE

利回りが高い!みずほ銀行の退職金運用プランの特徴や金利を解説

NO IMAGE

ワンタップバイって何?手数料やメリット、デメリットを詳しく解説

NO IMAGE

老舗スーパーでお得優待!イトーヨーカドーの株主優待について解説!