ROE/ROAって何?企業の収益力を表す指標とその目安について

投資に興味のある方であればROEやROAといった言葉を見聞きしたことがある方も多いのではないでしょうか?

企業を分析する際にROEとROAは重要な指標となります。

今回はROEとROAについてどういった指標なのか、またその目安はどれくらいなのかといったことを紹介します。

 

ROEとROAが理解できれば企業の収益力を分析することが可能です。

ぜひこの記事を読んでいただき企業分析や投資に役立ててください。

 

ROEとは? 

 

ROEとはReturn on Equity の略称で日本語では株主資本利益率とよばれます。

株主資本、つまり株主が投資した資金に対してどれくらい利益を生み出したのかを表す指標です。

 

その数値は%表示されますので、

計算方法は、純利益÷株主資本×100となります。

 

例えば、株主資本が100億円、純利益が10億円の企業のROEは、

10億円÷100億円×100=10% です。

 

昔は日本においてROEは重視されていませんでした。

以前の日本企業はそもそも株主を重視していなかったからです。

 

企業は株主が所有しているものという意識が薄く、株主をそれほど重視していなかったため株主の出資に対する利益を表すROEや株主還元となる配当は軽視されていました。

 

しかし、昨今では欧米の株主重視の姿勢が日本企業にも浸透したことや、海外のファンドが日本企業へ投資を行い株主として様々な意見を出しはじめたことで日本企業でもROEが重要視されるようになってきました。

今では、ROEは企業が効率的に利益を得られているかを判断する指標として多くの場面で使われています。

 

純利益が同じ100億円でも、株主資本が100億円なのか10億円なのかでROEは大きく変わります。前者はROE1%、後者はROE10%です。

つまり投資資金に対して1%稼ぐ企業と、10%稼ぐ企業という見方ができます。

他の条件が同じであれば、投資家としてはより効率的に収益をあげている後者の企業に投資を考えるべきですよね。

こういった風に、ROEは企業に投資する際の判断材料として重要な指標として利用されています。

 

ROEは投資家にとって欠かせない指標ですので、ぜひ株式投資などで企業への投資を考えている方はROEについてもしっかりと調べてその企業の収益力を分析してください。

 

ROEの目安

 

一般的に投資家が期待するROEは8%以上とされていますが、現在の世界水準ROEは10%程度となっており、現在投資の目安としては10%程度とされていることが多いです。

 

世界のROE水準はアメリカが高く13%~15%程度、次いで欧州が10%程度となっており日本企業は10%超えられていませんでしたが、現在ようやく10%に届こうかという水準にまでなってきています。

 

これは、日本企業で慣習のように行われていた企業同士の株式持ち合いの解消が進んだことと、海外投資家が日本企業への投資においてもある程度シェアを占めて、経営に口出しすることが増えたことが一つの要因です。

現在では、経営目標の指標としてROEを大々的に掲げる企業も増えてきており、日本企業にもROE、株主重視の経営意識が根付いてきています。

 

ROEの注意点

 

株主資本でどれだけ効率的に利益を出せているかを示すのがROEです。

よって、ROEの数値だけ見ると高ければ高い方が収益力の高い企業となるのですが注意点もあります。

 

ROEの計算式は、純利益÷株主資本×100 ですので、利益を増やすことでROEを高めることができますが、株主資本を減らすことでもROEは高くなる点が注意点です。

企業の資産は株主資本と負債という2つに大きく分けることができます。

負債は返さなくてはならない、いわば借金ですので財務的には少ない方が財務安全性の高い企業となるのですが、ROE数値は株主資本が少ない(負債が多い)方が高くなるのです。

 

ですので、ROEで企業の収益力を測る際には自己資本比率(総資産のうち自己資本が占める割合)を同時に確認しましょう。

自己資本比率が極端に低い場合は、財務的に危険性が高い可能性がありますので注意が必要です。例えば、営業が少しでも悪化し赤字になった時に債務超過に陥り倒産するという可能性があります。

 

自己資本比率は業種によって大きく異なります。

一般的に事業に多額の資金を要する銀行や不動産業などは低くなり、資金がそれほど必要でないIT業界などは高くなる傾向があります。

ですので、自己資本比率を比較する際には企業全体の平均ではなく同業種や同業他社と比較することが重要です。

 

ROEを利用する際には、収益力の高さと財務基盤の安定性のバランスをしっかりと分析するようにしましょう。

 

ROAとは

 

ROAはROEと同じく企業の収益力を測る指標ですが、ROEが株主資本に対しての利益を表すのに対してROAは総資産に対してどれくらい利益を出しているかを表す指標となっています。

 

Return on Assetsの略称であり日本語では総資産利益率とよばれます。

総資産に対して効率的に利益を生み出せているかを測る指標です。

 

その計算方法は、純利益÷総資産×100となっておりROEと同じく%で表示されます。

ROEとともに企業の収益力を測る指標として頻繁に利用されていますのでぜひ覚えてください。

 

ROAの目安

 

投資対象を分析する際のROAの目安は5%程度とすることが多いです。

日本企業の多くがROA4%を下回っていますので、5%を超えていれば収益性の高い企業といえるでしょう。

 

ただし、業種によっては事業に資産をそれほど要しない企業もありますので、そういった業種の企業はROAが高くなります。

そういった場合は同業他社と比較することで収益力を測ることが可能です。

 

またROAは企業全体の資産に対しての利益率を示しますので、ROAが借入金の利子率より高ければ借入して事業投資を行った方が利益を増やすことができるという見方もできます。

逆にROAが借入金の利子率より低いのであれば、事業に投資するよりも借入金の返済を行った方が利益を増やすことができます。

ROAはこういった事業投資すべきか、借入金を返済すべきかという判断をする際にも活用することができるのです。

 

ROEとROAの活用方法

 

ROEは負債を利用することで高めることができますが、ROAは負債を含んだ総資産に対しての利益を示しますので、財務手法で数値を高めることはできません。

ですので、企業の事業そのものの収益力を測るにはROAの方が適していると言えます。

 

しかし、経営に財務コントロールは必須ですので、借入金(負債)を効率的に使用できているかという点など財務面での経営力も踏まえた指標としてはROEが適しています。

 

どちらにせよ、ROE、ROAはそれぞれ単独で使用するのではなく両方を活用して企業分析をすることで、企業の収益力をより正確に分析することが可能です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ROEとROAの紹介と分析方法について紹介しました。

重要点をまとめますと

・ROEとは株主資本利益率のことで、純利益÷株主資本×100で求める

・ROEは財務活用を加味した上で企業の収益力を測る指標

・ROAとは総資産利益率のことで、純利益÷総資産×100で求める

・ROAは企業の事業そのものの収益力を測る指標

・ROEとROAそれぞれに特徴があり、2つを組み合わせて分析することが重要

の5点があげられます。

 

ROEとROAを活用することでより正確に企業の収益力を分析することが可能です。

ぜひ2つの指標を使いこなして投資に役立ててください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました