証券会社で働く人の仕事内容とは?特徴や求められる能力を解説

個人の投資家が株や投資信託などの金融商品を購入するには証券口座が必要です。口座を提供する証券会社では投資家の売買をサポートして、手数料により利益を出しています。

投資家に金融商品を宣伝したり、企業の資金調達を支援したりするのも証券会社の役割です。どのような業務内容や職種があるのか、証券会社の特徴や求められる能力を解説します。

証券会社での仕事について

投資家と金融商品の市場を仲介するのが証券会社であり、手数料や運用益によって証券会社は成り立っています。証券会社での仕事内容は次の4つに分けられるものです。

・トレーディング業務

・ディーラー業務

・セリング業務

・アンダーライター業務

それぞれの仕事内容について詳しく解説します。

トレーディング業務

資産運用したい投資家のために株式や投資信託、債券といった商品の売買を担当するのがトレーディング業務です。ブローカー業務とも呼ばれていて、投資家の代わりに注文を成立させます。

投資家から株や投資信託などの売買注文を受け付けて、証券取引所に取り次ぐのが証券会社の役割です。注文時に売買手数料を投資家から徴収することで証券会社は利益を得ています。

より多くの投資家から注文を受けることで、証券会社が得られる利益は増大するものです。今ではスマホで簡単に株や投資信託を購入できるアプリを提供する証券会社もあります。

ディーラー業務

証券会社が保有する資金を活用して自ら金融商品を売買するのがディーラー業務です。利益を増やすために投資家の仲介を担当するだけでなく、証券会社が投資して儲ける場合もあります。

ディーラー業務を担当する人はディーラーと呼ばれていて、実務経験が豊富である人がディーラーになる傾向です。経験や知識を重視する理由は投資によって会社の利益が減るのを防ぐため。

証券会社で長年勤めている人であれば市場の動向を把握しているため、投資によって損する確率を減らせます。ディーラーは歩合制の場合もあり、投資によって高額な給料を得ている人もいるのです。

証券会社だけが儲かるのを防ぐために、ディーラー業務にはルールがあるのが特徴。相場が大きく変わって投資家が不利になるのを防ぐために、ディーラーが投資するには制限があります。

セリング業務

投資信託や新規に発行される証券を営業して、投資家に投資してもらうのがセリング業務です。ディストリビューター業務と呼ぶこともあり、証券取引法によって認められているのが特徴。

セリング業務により株式や投資信託、債券を購入する投資家を増やせます。金融商品の売買が活発化すれば売買手数料が入ってきやすくなり、証券会社は多額の利益を得られるのです。

証券を新規で発行する人から委託されて証券会社は営業しますが、売れ残っても証券を買い取る必要はありません。投資家に新規の証券を売るためにセリング業務は行われます。

アンダーライター業務

資金調達したい株式会社を証券会社が手助けするのがアンダーライター業務です。企業が発行した株式や債券を証券会社が買い取り、不特定多数の投資家に営業して売り出します。

株式を買い取るため企業は資金を調達できて、投資家への売り出しを証券会社に任せられるのが特徴です。もし発行した有価証券が売れ残ったとしても、証券会社が引き受けてくれます。

アンダーライター業務により企業は資金調達しやすくなり、投資家は新規で発行される有価証券を獲得しやすくなるのです。企業と投資家のために証券会社は有価証券の受け渡しをサポートします。

証券会社で働く人の職種

証券会社では社員の職種は決められていて、選んだ職種によって仕事内容は変わります。新卒採用では職種で窓口が違う場合もあり、働きたい人は前もって職種を理解していることが重要です。

具体的な証券会社の職種は次の3つ。

・営業を担当するリテール

・経済を調査するリサーチ

・企業を支援するインベストメントバンキング

それぞれの職種における特徴を詳しく解説します。

営業を担当するリテール

個人の投資家に対して営業する職種がリテールです。消費者に商品を販売する小売(リテール)が語源であり、証券口座開設や有価証券の提案を投資家に宣伝します。

消費者に投資してもらうには証券口座を開設してもらう必要があり、大半の証券会社では新入社員に口座開設の営業が任されるものです。営業では資産を保有する富裕層に対して積極的に訪問して口座開設を勧めます。

実際に口座を開設してもらったら、次に有価証券を購入してもらう為に株式や債券を投資家に提案します。投資家はアドバイスに従って投資するため、責任をもって提案する商品を検討することが重要です。

有価証券はどの証券会社で購入しても差が少ないため、実際に購入してもらうには営業のスキルが求められます。投資家にあった商品を提案して、信頼してもらえるよう努力することが重要です。

経済を調査するリサーチ

リサーチとして証券会社で働く人には金融経済や株式を調査する仕事が任されます。将来値上がりしそうな銘柄を予想したり株価予想したりすることで投資家をサポートするのが仕事内容。

金融経済をリサーチした結果は社内だけでなく、社外にも情報が発信されます。経済を調査することで世の中に影響を与えられるのがリサーチ部門で働く魅力です。

リサーチにより分析された株価予想は主に社内に向けて情報が発信されます。株価予想を知ることでリテールが株式を提案しやすくなり、証券会社の利益を増やしやすくなるのが特徴。

証券会社における他の職種よりも影響力があり、調査する人にはプレッシャーがあります。予想を外すと投資家が他の証券会社に移る場合もあるため、リサーチの責任は重大です。

企業を支援するインベストメントバンキング

法人をサポートする仕事を担当するのがインベストメントバンキングです。投資銀行業務という意味があり、企業のIPOや資金調達などをサポートするのが役割。

IPOのサポートでは企業が上場するためにインベストメントバンキングがコンサルティングします。上場できれば株式を証券取引所に公開できて、企業は資金調達しやすくなるのです。

上場する以外にも企業が資金調達する方法はあり、インベストメントバンキングでは最適な資金調達法を提案します。専門知識を活用してサポートすることにより、企業の成長を手助けできるのです。

資金調達以外にもインベストメントバンキングではM&Aをサポートする場合もあります。銀行よりも多額の金額でM&Aできるのが証券会社の魅力です。

証券会社が求める能力

「仕事に興味があって証券会社で働いてみたい」と考える人もいるはず。証券会社で働くには求められる能力を知っておき、適切な能力を身につけることが重要です。

証券会社が求める能力はコミュニケーションスキルと向上心の2つ。なぜこれらの能力が必要であるのか、それぞれ簡単に説明します。

コミュニケーションスキル

投資家に有価証券を購入してもらうには、顧客とよい関係を築くことが必要です。適切にコミュニケーションすることで証券を売りやすくなり、自身の成果が高まります。

顧客との良好な関係を構築できなければ、営業しにくくなり成果が少なくなるのです。会社から能力のない人材であると判断されないよう、コミュニケーションスキルを身につけておきましょう。

向上心と忍耐力

証券会社では個人に対してノルマが設定されていることが多く、達成するには向上心や忍耐力が不可欠です。必要な能力を身につけなければ、ノルマを達成できず証券業界に残れなくなります。

ノルマを達成して成果を高めていくには、向上心と忍耐力を持つことが必要です。努力し続ける姿勢があることで成果を上げやすくなり、証券会社から求められる人材になれます。

まとめ

証券会社では投資家の投資をサポートするだけでなく、消費者に営業したり企業の資金調達をサポートしたりします。株や債券を自ら購入して運用する場合もあるのです。

資産運用で損しないために、証券会社の仕事内容を理解して投資の仕組みを知っておきましょう。

おすすめ投資先ファンド BEST3

2020年から投資先としておすすめできるファンドを収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

 

【2020年】日本のおすすめヘッジファンドランキングと、投資する際に気をつけたいポイントを徹底解説!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

老舗スーパーでお得優待!イトーヨーカドーの株主優待について解説!

NO IMAGE

利回りが高い!みずほ銀行の退職金運用プランの特徴や金利を解説

NO IMAGE

ワンタップバイって何?手数料やメリット、デメリットを詳しく解説

NO IMAGE

マネーフォワードには危険性がある?サービス内容とリスクを解説