社債と株式の違いとは何か?特徴の比較やメリット、デメリットを解説

 

「銀行に預けている資金を安全に投資して、確実にリターンを獲得したい」と考える人は多くいるはず。個人の投資家が利用できる投資先として株式と社債の2つが存在します。

社債は株式よりも値動きしにくく、預金よりも高い金利を期待できる有価証券です。資産運用するのに社債は優れているかどうか、特徴やメリット、デメリットについて解説します。

社債と株式の違い

社債と株式はどちらも企業が投資家にむけて発行するものです。企業が資本を増やすには株式が発行する場合がありますし、企業が資金調達するには社債を発行する場合があります。

同じ有価証券である株式と社債では性質や仕組みが異なるため、特徴やメリットなどを理解してから投資することが重要です。社債と株式における特徴について詳しく解説します。

社債とは何か?

企業が事業により利益を生み出すためには、運転資金や設備資金などを調達することが必要です。もし自己資本が足りない場合、企業は投資家や金融機関から資金を調達します。

金融機関から資金を融資してもらうと、金利が高くなり資金繰りが厳しくなる可能性があります。低い金利で資金調達するために会社は社債を発行して、投資家から資金を借りているのです。

社債によって企業は投資家から資金を借りるため、投資家は社債を保有することで利息を得られるのがポイント。決められた償還期限になれば社債の購入に必要な元本も返済されます。

個人の投資家が社債を購入するには、証券会社の口座を開設することが必要です。株式とは異なりいつでも社債を購入するのは不可能であり、企業が社債を発行するときに証券会社で注文できます。

証券会社によって取り扱っている社債の銘柄は異なるため注意しましょう。例えばSBIホールディングス株式会社が発行するSBI債の場合、SBI証券でしか購入することができません。

社債の種類

会社が発行する社債には一般的に以下のような種類があります。

● 普通社債(SB)
● 電力債
● 劣後社債
● 転換社債(CB)
● ワラント債

個人の投資家に広く伝わっている社債は一般的に普通社債を意味します。決められた期間まで社債を持った投資家には利息が支払われ、満期になれば元本が返済される仕組みです。

多額の設備資金が必要になる電力会社が社債を発行した場合、それは電力債と呼ばれます。電力会社が保有している資産が担保となるため、普通社債よりもリスクが低いことが特徴です。

返済の優先度が低い代わりに、投資家に支払う金利が高めに設定されているのが劣後債。会社が経営破綻した場合は大きく損しますが、高い金利によりリターンを増やせるメリットがあります。

転換社債は条件を満たすことで株式と交換できる社債です。基礎的な仕組みは普通社債と同じですが、株式に交換できることから金利が低めに設定されています。

ワラント債は普通社債に株式を決まった金額で購入できる権利が付帯されたものです。転換社債とは異なり株式を購入するにはコストが発生します。株式購入の権利を売ることも可能です。

社債のメリットとデメリット

社債のメリットは銀行に預金するよりも高い金利を期待できることです。2019年6月現在では三菱UFJ銀行のスーパー定期に1年間預けても、年率は0.01%程度と少ないもの。

社債であれば預金よりも金利が高い分、確実にリターンを狙えるメリットがあります。例えば2019年6月に申込みを開始した関西電力株式会社第529回社債の場合、年率は0.14%です。

確実なリターンを期待できるメリットがある一方、社債を購入するハードルが高いデメリットもあります。例えば上記の電力債の場合、購入の単位は10万円以上の10万円単位です。

金利の高いものには50万円以上の資金がなければ申し込めない社債も存在します。ある程度の資産がなければ社債に投資するハードルは高いです。

株式とは何か?

会社が事業に必要な資金を調達する方法には株式もあります。投資家は株式を買うことで会社に出資できて、会社が事業で利益を増やせれば株価の上昇や配当金によりリターンを期待できるものです。

株式を保有する投資家を一般的に株主と呼び、株主は以下のような権利を得られます。

● 会社の事業や経営方針などを決定する株主総会に出席して、決議できる権利
● 配当金や株主優待などにより会社の利益を分配してもらう権利
● 会社が倒産した際には残った会社の資産を分配してもらう権利

配当金や株主優待といった利益により、お金で不労所得を作れるのが株式の特徴です。しかし会社の業績や将来性が悪ければ、株価が下落して投資家が損する場合があります。

株式のメリットとデメリット

株式に投資するメリットはさまざまな利益を期待できて、会社の経営方針に影響を与えられることです。安く買って高く売ることで売却益を得られますし、保有していれば配当金を貰えます。

株主総会により会社の経営や重要事項について賛成や反対の意思を示すことも可能です。また経営者から会社の状況を直接聞くことで、株式を持ち続けるか判断しやすくなります。

社債と同じく初期投資額が高額であり、目安として10万円以上の資金が必要になることがデメリットです。大企業の株式に投資しようとすると60万円以上の投資資金が求められる場合もあります。

株価はリアルタイムで変動するため、チャートが予想通りに変動しないことで上手く売買できないことも。投資知識や経験が少ない場合は株式投資のハードルは高めです。

社債と株式を比較

「株式と社債のどちらに投資すれば良いのか分からない」と悩む人は多くいるはず。以下の3つのポイントから社債と株式を比較して、リスク許容度に合わせて投資先を選ぶことが重要です。

● 換金のしやすさ
● 元本割れのリスク
● 利回り

それぞれのポイントで社債と株式を比較して解説します。

換金のしやすさ

株式の場合は証券取引所が開いている時間帯であれば、いつでも売買することが可能です。銘柄によっては売買しにくい株もありますが、社債よりも換金化しやすい特徴があります。

社債は決められた期間の間しか購入することができず、途中で売却するには証券会社に買取を依頼することが必要です。取引量が比較的少ないため、投資家に不利な価格で社債を売る場合もあります。

株式は売ることで売却益を獲得できますが、社債は期限まで持ち続けることでリターンを期待できるものです。短期投資であれば株式、長期投資であれば社債が適しています。

元本割れのリスク

投資家から資金を借りる社債の場合、会社が債務不履行にならなければ元本割れしません。決められた日に利子が支払われて、期限になったら元本が返済されるからです。

会社に出資する株式の場合、株価の変動により元本割れする可能性が十分あります。買ったときよりも株価が上がれば利益を得られますし、株価が下がれば損するのです。

元本割れのリスクは株式のほうが高いことを知っておきましょう。

利回り

2019年6月現在では日経平均株価の平均配当利回りは2.28%程度です。個別の銘柄であれば5%の利回りが期待できる株が存在しますし、配当されない株もあります。

債券の場合は銘柄によって利回りは異なり、0.1%から5%程度の幅があるものです。保有することで得られる利回りは社債と株式で似ている傾向があります。

まとめ

企業が資金を借りるために使われるのが社債であり、企業に出資する方法が株式です。社債であればリスクを抑えた資産運用ができて、株式であれば利益を期待できるメリットがあります。

自分のリスク許容度や投資する期間を検討したうえで、最適な投資先を探してみると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました