世界経済インデックスファンドを徹底評価!世界の株式・債券に分散投資できる投資信託の魅力と欠点を紐解く。

こんにちは!ワタルです!

本日は世界にバランスよく投資出来ると話題の世界経済インデックスファンドについて、詳しくみていきたいと思います。

世界経済インデックスファンドの概要

まずこの投資信託の概要をみていきましょう。

【設定日】2009年1月26日
【運用会社】三井住友トラスト・アセットマネジメント
【投資先】全世界の株式並びに債券  (後で詳述します)
【分配金】都度月ごとに設定(直近は0)
【手数料】購入手数料 3.24%  信託手数料 0.54%

投資先については詳しく見ていきますが、まず手数料は信託手数料は各指数を組み合わせて組成している投資信託ということもあり、低く抑えられており長期投資に適している水準といえるでしょう。

また分配金については日本人は基本的にお小遣いが入ってくるのが好きなので、分配金を選好する傾向にありますが、分配金を再投資する方が長期的には投資家にとってプラスのリターンを齎すので、現在に傾向は好ましいでしょう。(以前は分配金を出していた形跡がありますが)

世界経済インデックスファンドの運用成績

次に運用成績ですが、先進国株、先進国債権、新興国株、新興国債券とバランスよく分散していることにより、リーマンショック後の世界経済の立ち直りを見事に再現しています。

 

世界経済インデックスファンドの運用成績

 

丁度この間も2011年度の停滞期、2014年からのチャイナショックや資源価格下落による新興国の不振の影響を反映しており、世界経済の温度をダイレクトに反映している投資信託であるといえますね。

世界経済インデックスファンドの資産別投資割合

まずは債券と株式の投資割合についてです。

世界経済インデックスファンドでは株式と債券の割合を50対50に設定しています。

 

世界経済インデックスファンドの資産別投資割合

 

この割合については株式投資の王様であるウォーレン・バフェット氏の師であるベンジャミン・グレアム氏が推奨している比率でもあり、バランスの取れた割合ということが出来るでしょう。

 

>>>ベンジャミングレアム関連記事へ

世界経済インデックスファンドの国別投資先

まず投資先の割合を見る前に現在の世界のGDPの新興国と先進国の割についてご覧ください。

 

世界経済インデックスファンドの国別投資先

 

一方株式市場の時価総額のシェアは以下のように、新興国が過小評価されています。

 

株式市場の時価総額のシェア

 

然し、現状は若干過大評価気味とはいえ世界に時価総額の半分以上が米国というのは驚きですね。

それでは世界経済インデックスファンドの構成はどうなっているかというと以下のようになっております。

 

世界経済インデックスファンドの構成

 

完全にGDP比と一致しているわけではありいませんが、より実体経済の割合と整合した形での比率にしていることがわかります。

この為、より世界経済の成長の恩恵をダイレクトに反映しやすいファンドとなっているわけです。

世界経済インデックスファンドの欠点

ここまで見てきて安定投資型の長期投資向きの投資信託であるということは言えますが、一つ欠点があります。

まず各資産の連動目標としているインデックスをご覧ください。

 

世界経済インデックスファンドの欠点

 

新興国を分析(参照:新興国株式投資)している管理人としては全体の

50%×30%=15%をしめる新興国株式が連動目標としているのがMSCI エマージング・マーケット・インデックスというのは見逃せない点です。

これは新興国の株式市場の時価総額比で国を決定している為、現在の構成国は以下のようになっております。(以下は同じくMSCI エマージング・マーケット・インデックスを連動目標としているブラックロック社運用のEEMの国別構成を参考にしています)

 

ブラックロック社運用のEEMの国別構成

 

時価総額比としてしまった結果、現在高成長を終えて低成長となっている韓国・台湾や、今後失速が予測される中国という東アジアの三か国で60%を占めているのです。

 

>>>中国関連記事へ

 

更にブラジル、ロシアといった今後大きな成長が見込みにくくなっている国を含めると70%を超えてくる為、本当に魅力的な成長が見込まれる新興国に投資することができないのです。

 

 

この点については、注意した方が良いといえるでしょう。

総評と欠点

これまで見てきたように、世界経済インデックスファンドはパッシブファンドとして世界経済の成長をダイレクトに享受できる配分で投資をしており、年間の運用手数料も低いこともあり長期投資には適している投資信託ということが出来ます。

 

実際私が所属していた総合商社での確定拠出年金でもこの投資信託は組み込まれており、他の選択肢が微妙であったこともあり私は100%、この投資信託に配分しておりました。

然し、細部を見てみると新興国株式の分野がMSCI エマージング・マーケット・インデックスを参照している為に、成長が鈍化している国の構成が大きく、今後の魅力的な新興国の経済成長を享受することが出来ません。

更におすすめの運用方法

夫々の投資割合いを

①先進国株式:30%
②新興国株式:20%
③先進国債権:30%
④新興国債券:20%

に分け、①、③、④については世界経済インデックファンドが連動を目標としているインデックスへの連動を目標としているETF又は投資信託を同様の割合で購入し、②新興国株式については別の手法を取ります。

本当に成長力が高く、今後ぐんぐん伸びていく国のファンド並びにETFを組み合わせることにより最強のポートフィリオを構築することができるので、成長力と株式市場の割安度をベースに纏めた

【最新版】新興国投資信託・ETFおすすめランキング13選を紹介!〜ポイントは今後の成長力と株式市場の魅力度〜

を参考に新興国株式のポートフォリオを組成してみましょう。

おすすめの新興国

上記で新興国については自分で組成した方が良いとおすすめしましたが、一番おすすめの新興国であるイランについて簡単に紹介させて頂きます。

新興国の株式投資を行う上で重要なのは現在の成長ではなく、将来の成長の加速と株式市場の割安度が重要になってきます。

たとえ現在の中国のように高成長を実現していたとしても、今後成長が失速することが確実なのであれば、投資しても株価が下落してしまいます。

また今後の成長が確実なインドのような新興国では誰の目にも、成長する事実が明らかな為に、株式市場が織り込んでしまい割高な水準になってしまっているのです。

イランは2016年の制裁の解除後、成長率は12.5%と世界一を記録したにも関わらず、PERは4倍から7倍と異常に低い数値で割安に放置され、今後再評価され更に高い成長力により10年後には10倍になることも夢ではない市場となっております。

制裁解除の影響が実体経済にでてくるにはタイムラグがあり、丁度今年から本格的な影響が出てくる可能性が高いということもあり、今この時点で他者に先駆けて先行投資することにより大きな値上がり益を期待することができるのです。

イランに投資している新興国ヘッジファンドについて以下でまとめていますのでご覧いただければと思います。

 

>>>フロンティアキャピタルの詳細記事へ

 

おすすめ投資先先ランキング BEST3

2020年から投資先としておすすめできる投資先を収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ひふみ投信創設者・藤野英人氏『投資バカの思考法を読んで』!藤野氏の投資哲学とは?

NO IMAGE

ひふみ投信とセゾン投信を比較!利回りから長期投資に向いているのは?運用方針の違い...

NO IMAGE

“健次” (グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド)は長期投資に適さない?〜投...

NO IMAGE

評判のセゾン投信「セゾン資産形成の達人ファンド」を徹底評価!チャート・利回りから...

NO IMAGE

2018年3月のマーケット(市場)を整理する~株・為替は何故動いたのか~

NO IMAGE

流行りのノーロード型の投資信託に騙されるな!ノーロード型のデメリットを詳しく解説...